投資者の頼もしい味方となるシーエフネッツ

一戸建て賃貸での管理

貯金箱

自分で管理する方法の注意

一戸建て住宅の賃貸経営を行う場合には自分で全ての管理を行うことがよくあります。賃貸管理に手間があまりかからないからです。長く住んでくれるという期待が大きいのは一戸建ての特徴であり、入居や退去のための手続きを行う機会もそれほど多くはありません。家族も一家族だけなので数年に一度しか必要が生じないでしょう。入居者に物件に手を加える自由を与えることでクレーム対応なども頻度が少なくて済むと期待できます。しかし、注意が必要なのは手続き関連については頻度が少ないためにやり方がわからなくなってしまいがちなことです。予めフローチャートを準備しておいて、いつ何をすれば良いかを明確にわかるようにしておくことが重要になるでしょう。

費用と手間が少ない

自分で賃貸管理をする方法は通常は手間がかかると言われますが、一戸建ての場合にはその限りではありません。かえって管理会社とのやり取りがない分だけ手間がかからないという印象を受ける人も多いのです。そして、管理費用もかかることがないという面もあるため、賃貸管理は自分で行うという結論に至りやすくなっています。もともと管理業務が少なくて済むのは一戸建ての魅力的な点であり、戸数が増えてしまわない限りは個人の力でも一通りの管理を行うことは難しくありません。ノウハウに関する情報も手に入れやすくなっているため、まずは自分で賃貸管理を行うことから始めてみて様子を見てみた結果、問題なく行えるとわかって継続していることがよくあります。