投資者の頼もしい味方となるシーエフネッツ

サブリースによる経営

集合住宅

経営業務の委託

サブリースによってマンション管理を行う方法は経営業務も委託してマンション投資を行う目的で利用されます。マンション管理を業務委託する場合には、基本的には入居者とオーナーの間で賃貸契約を結ぶことになるでしょう。しかし、サブリースをすることによって入居者とオーナーの間には賃貸契約は生じなくなります。賃貸業務も管理会社に委託するからであり、入居者と管理会社の間で賃貸契約を結んでもらうことになるのです。これによってマンション管理に経営も含めた形で委託を行うことができます。その委託をする際に管理会社とオーナーの間で契約を結んで、管理会社側がオーナーに費用を支払うという形を取り、オーナーは収入を得ることができるのです。

定額収入を得られる

マンション管理を委託するときにサブリースを選ぶのに人気があるのは、ただ経営業務も委託できるからだけが理由ではありません。毎月定額の収入を得る契約を結ぶこともできるのがサブリースだからです。マンション投資を行うときにはローンを組むことが多く、毎月の返済を必ず行わなければならないでしょう。マンションを自分で経営していると収入が一定してくれないことはよくあります。入居者の人数によって収入が変動するからですが、サブリースの場合には契約の際に費用の支払い方について選ぶことが可能です。家賃の収入によって変動する仕組みの契約もありますが、家賃の収入額にかかわらずに一定にすることもできます。そのため、安心して返済を行えるようになるのです。